機能CLOUD

コンテンツ管理機能

地形データ生成

ドローン測量 現地管理DX

ドローン画像をクラウドにアップロードするだけで
オルソ画像や3Dモデルを生成

画像処理の条件を満たしたドローン画像からオルソ画像や3Dモデル、DSMが生成され、測量や点検に活用いただけます。

エリアが異なる画像もまとめてアップロード可能

エリアが異なるドローン画像をまとめてアップロードすると、プロジェクトを分けてそれぞれのエリアの地形データを一度に生成できます。

地図に重ねて表示

オルソ画像、DSMは、地理院地図、GoogleMaps、OpenStreetMapsと業種に合わせた様々な背景地図を切り替えて表示が可能です。最新の地形情報を重ねて表示する事ができる為、経年変化も容易に確認できます。

デジタルコンテンツ(単画像・動画)の地図上管理

現地管理DX

ウェブ上の地図やオルソ画像上で画像・動画データを管理

点検記録などで撮影した画像や動画をくみきにアップロードすると、くみきのクラウド上の地図や地図に重ねて表示されたオルソ画像上に保存され、地図上でデータの管理を行うことができます。

各種データのアイコン表示

スマホ画像、スマホ動画、ドローン画像、ドローン動画、および計測記録などのデータがアイコンで表示されます。

タグ・ラベル機能

現地管理DX

バラバラのコンテンツを整理するタグ機能

デジタルコンテンツにタグを設定できるため、まとめて画像や動画をアップロードした後の整理や検索を容易に行えます。

地図やオルソ上に重要箇所を記録できるラベル機能

オルソ上に目印をつけて、点検記録や資料リンクの設定も可能なので、画像以外の情報管理と共有も簡単に行えます。

ドローン計測機能

各種計測

ドローン測量 現地管理DX

ドローン測量ビギナーも簡単に操作できる直感的な計測ツール

直感的に操作できる計測ツールで、ドローン画像から生成されたオルソ画像、点群データ、DSMで体積、面積、距離、高さなどの各種計測を行えます。

くみき独自の計測機能も充実

体積や面積、高さを一括計測できる機能や、傾斜地のある複雑な地形での体積計算など、くみき独自の便利かつ高度な計測機能が充実しています。

位置補正

ドローン測量

くみき独自技術による2時期の位置のズレを簡単に補正!

異なる時期に生成された同一エリア地形データを、画像の特徴点をもとにGPSの誤差で生じた位置のズレを補正し、2時期のデータをピタリと合わせます。GCP(地上基準点)を用いずに、簡単に2時期の土量の差分などを正確に算出することができます。

自動補正の他、補正点をユーザーで設定可能

画像の特徴点をもとに自動で補正を行う他、ユーザーが位置を補正するポイントを自由に設定することができます。位置合わせをしたいエリアに指定することで、より高精度な位置補正ができます。

多時期比較

ドローン測量 現地管理DX

最大4時期の画像や計測結果の比較が可能

画面分割機能により、最大で4時期のオルソ画像表示による経年変化の比較や、変化量計算機能による土量などの差分計算・計測値の比較を行うことができます。データを個別に確認し、画像を並べるなどの手間は不要です。 ※多時期の土量の差分計算を正確に行うためには、位置補正機能でGPSの誤差で生じた地形データの位置のズレを補正する必要があります。

さらなる便利機能

インポート機能

ドローン測量 現地管理DX

他社ソフトで生成された地形データを取り込み可能

お手元のオルソ画像・DSM(高低差マップ)・3D点群データを取り込み、「くみき」上で表示、各種計測や時系列管理といった活用が可能になります。また、平面直角座標系等での正確な位置情報を有するデータをインポートし、以後は位置補正機能によって正確な位置情報のオルソ画像を生成することもできます。

スマートフォンアプリ

現地管理DX

現場から画像や動画を即アップロード・共有

スマートフォンで撮影した現場の写真をくみきアプリから簡単に登録できます。すぐに地図・オルソ画像上に表示され、すぐにアプリ・Webで最新の情報を共有できます。

現場からオルソ画像で俯瞰をチェック

現場からは中々確認しづらい俯瞰を、アプリからオルソ画像にアクセスし、確認することができます。

地形データダウンロード

ドローン測量 現地管理DX

様々なファイルフォーマットのダウンロードが可能

GeoTiff(オルソ画像・DSM)、Laz・Las(点群データ)、CSV(点群データ)でのダウンロードが可能です

座標系の選択も可能

平面直角座標系か19座標系を選択してダウンロードすることができます。